誹謗中傷について

  • 誹謗とは他人を悪くいうこと。そしること。
    中傷とは根拠のないことを言いふらして、他人の名誉を傷つけること。

    どのような形であれ誹謗中傷を受けた人の多くは大きなストレスを感じ精神的苦痛を味わいます。
    一般的に、明確な根拠がある情報を社会の共通の利益のために流す内部告発や悪質な組織の
    情報を流すことは「誹謗」ではあるが正当な行為として認められる風潮があります。

    しかし、明確な根拠がなく相手の名誉を失墜させる目的で流したり、
    相手を陥れる目的で意図的に悪意をもって悪評を流す行為は到底認められるものではなく、
    その誹謗中傷によって精神的・経済的に損害を受けた場合は法的な対処をするべきです。

    つまり誹謗中傷にあたるかどうかは、それが「真実であるかどうか」に力点が置かれております。
    刑法230条では「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、
    3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する」とあり
    インターネット上に公開するという行為は不特定多数が見れる状況をいい、
    それは「公然」という意味でとらえられます。

    名誉毀損罪は、「公共の利害に関する事実に係り、かつ、その目的が専ら公益を図ることに
    あったと認める場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明があったときは、
    これを罰しない」とあります。

    企業や個人の社会的評価を下げる情報がインターネット上に掲載された場合は、
    その情報は削除されるべきであり、そのような掲載を悪意を持って行った人は責任を負うべきなのです。

  • 誹謗中傷に対しての企業の対策従業員による企業への誹謗中傷